脱毛って痛いの

よく聞かれる質問ですが、答えにくい質問です。なぜなら、個人差と部位の差がありすぎるからです。痛みに強い人、弱い人がいますし、どこの部位を脱毛するかによっても異なります。

 一般的に、脱毛の痛みは輪ゴムではじいたような痛みと表現されます。しかし、手ならともかく、ワキやVIOを輪ゴムではじいたことがある人はあまりいないと思います。すでにそこから、痛みの表現方法が違うと思っていただいていいです。そもそも、痛いか痛くないかより、耐えられるのかということを知りたい方が多いのだと思います。これは、大丈夫です。絶対に耐えられます!

 脱毛をしようと思うからには、ムダ毛の無い綺麗な肌になりたいという気持ちがあるはずです。この気持ちさえあれば、耐えられます。そして、例え痛くても、ずーっと続く痛みではありません。施術はスタッフさんが手早く行いますので、痛いなと思っても、もう無理となる前に終わります。

 どうしても、痛いのが怖いという方はあらかじめ保湿を念入りにしておくという方法があります。乾燥していると、痛みを強く感じますし、脱毛の効果も下がります。脱毛の効果を下げないためにも、保湿はしておきましょう。

 そして、必ず痛い部位があります。そこは覚悟して受ける。これに尽きます。なぜなら、脱毛人気部位ナンバーワンのワキ、次いで人気のVIO。ここは痛いです。考えてもみてください。普段から刺激をあまり受けない箇所です。痛いに決まってます。でも、耐えてください。耐えた分だけ、ムダ毛が減り綺麗になれます!

 耐えろ耐えろと言いましたが、本当に痛い場合はスタッフさんに言いましょう。照射のレベルを下げてもらえますし、クリニックでしたら別料金がかかるかもしれませんが、麻酔を使ってくれます。がんばってください!

コメントは受け付けていません。